最新情報

2018-08-26 10:02:00

―当クラブ例会 第2277回(2018年8月21日) 会員卓話より―

 

金看板の「職業奉仕」が消えてゆく
  RIは、ロータリーを自滅に導くのか

                  紋別港RC 小野 哲君

 

 RI(国際ロータリー)は、2017年6月の理事会で「職業奉仕委員会と青少年(新世代)奉仕委員会を社会奉仕委員会に統合する」ことを決定しました。

 “えっ、嘘だろう”と思うのが当然。いつから実施されるのか、危惧されるところですが、理事会決定は最終決定。余程のことがない限り、実施されるのは間違いないと思います。

 焦点を絞って考えてみましょう。職業奉仕委員会をなくすことは、シェルドンの「He Profits Most Who Serves Best」を事実上否定することを意味します。1911年、ポートランドで開催された第2回全米ロータリー大会でロータリーのモットーとして採択されて以来、110余年に渡ってロータリーの奉仕思想の原点として、尊重されて参りました。シェルドンは、職業奉仕が全ての奉仕活動の中心にあるとし「He Profits Most Who Serves Best」、つまり「最大の奉仕に最大の利益あり」を提唱致しました。

 シェルドンは「この世界は全て、自然の法則により定められている。人の生き方も宇宙の摂理の中で定められている」と、職業奉仕を大きなくくりの中に置いています。

 

「He Profits Most Who Serves Best」
 何故、廃止の方向に向かうのか

 

 これに対して、主にイギリス、ヨーロッパのロータリアンは、シェルドンの真意をなかなか把握できず、「職業を天職としてとらえず、あくまで経営学の視野で位置づけている」などと反発。1920年頃から「He Profits…」を廃止しようとする動きが出てきました。
 1921年の第12回国際ロータリー・クラブ連合会の年次大会が、初めて米国以外のスコットランドのエジンバラで開催されました。このときシェルドンは「RotaryPhilosophy」=ロータリー哲学=と題するスピーチを行いました。シェルドンの「He Profits…」に対する風当たりの強いイギリスでのスピーチは、シェルドンにとって意味あることでした。ロータリーの奉仕の心を、これ程明快に、詳細に説明したスピーチは今までに無く、彼のスピーチは大きな成功をおさめました。しかし、イギリスを中心とするシェルドン・アレルギーは以降も続き、1923年、「Service Above Self」と「He Profits Most Who Serves Best」の二つがロータリーの奉仕理念として確定したことも、シェルドンにとっては不愉快なものでした。シェルドンの「He Profits…」は唯一無二のもので、二つのモットーは不要なのです。

 その後1929年の国際大会で、このモットー廃止の決議案が出され、結局否決されたものの、シェルドンは大いなる失望感の中で、自分の役目の終了を感じ、ロータリーを退会するのです。ロータリーに生命を吹き込み、その後100年以上に渡りロータリーが存続したのも、シェルドンの奉仕哲学がロータリー活動の中心にあったからです。

 その中心人物が、ロータリーに絶望し、退会したのは極めて残念なことで、シェルドンの悲劇とも言えるでしょう。

 

 人も、大自然の法則の中で生きる
  自己研鑽の先にある奉仕

 

 そして、それから約100年経った今日、RIが「地区から職業奉仕委員会をなくし、社会奉仕委員会に包含する」という決定をしたことは、1920年代にイギリス、ヨーロッパ、さらに日本から起きた「He Profits…」廃止の動きと同じ意味合いをもって私たちの心に響いてきます。

 シェルドンのロータリー、また人間社会に対する考え方は、奉仕こそ人生を豊かにする最重要な要素。しかもその奉仕は、自己研鑽による人間性の高まりの中から生まれるもので、自己を高め、その先に職業奉仕があることを説いています。「He Profits Most Who Serves Best」の“Serves Best”は、自己研鑽の奉仕を意味し、“Profits Most”は、世のため人のために奉仕する喜びを得ることが出来るーということです。「Profits」とは、単に商業的利益のみを表現する言葉ではなく、人もまた大自然の営みの中に在り、奉仕なき人生は空虚なものと言う、シェルドンの広範囲な思想を表現したものと思われます。

 

 大河は砂の中に消える
  真のロータリーは消滅か

 

 一世紀を越えるロータリーの歴史は、シェルドンのロータリー哲学の賜物です。その思想が、過去も、そして現在も、軽んじられているのはロータリーの自滅を招く最大の要因と思われます。RIの目的は何なのでしょう。既に昨今のRIの動き、考え方は、ポール・ハリスら初期ロータリアンが試行錯誤しながら構築したロータリーではなく、その源流は彼方にかすみ、ロータリーという大河は幾本もの流れに変わり、次第に細くなり、砂の中に消え去ろうとしています。真のロータリーはやがて消滅し、残るのはロータリーもどきの、意味不明の、見かけだけの奉仕団体でありましょう。

 

 

 


2016-10-09 22:05:00

―当クラブ例会 第2182回(9月27日) 会員卓話より―

 

断崖絶壁に立つロータリー
 大河の流れは方向を見失う
    紋別港RC 小野 哲


 2016年の規定審議会で、ロータリーは歴史的な方針変更を致しました。その代表的な事項は、会員身分と例会についてです。クラブの裁量権が大きく広げられ、クラブの裁量権に従って、最善のルールを決定することになります。平たく言えば、誰でも会員になれ、例会も2回、または場合によってはそれ以下でも良いという、RIの驚くべき柔軟的な姿勢です。私達日本のロータリアンにとっては驚天動地の決定と言えましょう。日本の多くのロータリアンにとって、ロータリーは誕生以来、試行錯誤を通じて、奉仕哲学を根底に置く社交クラブに発展し、それを誇りに倫理運動を続けている団体と理解しています。そして、会員資格について厳しい決まり、つまり例会への出席、会費の納入など、多くの義務が課せられています。また、入会には、クラブ会員全ての賛同が必要で、そのための社会性や品性も問われるのです。ロータリアンとしての誇りは、この時点から生まれ、育って行きます。その厳しい決まりが大きく緩和され、もしかしたら入会する人物についても、クラブ例会も全く問われず、クラブが存続して行くのです。
 ロータリーの高邁(こうまい)な思想、それに基づく社会へ、人への奉仕活動は、やがてカゲが薄れ、奉仕哲学なきロータリーに堕落して行く可能性があります。


 追い詰められるロータリー


 私は“これは絶対に許されるべきでない。もしこんな緩んだ考え方が許されるなら、日本のロータリーは、あるいはクラブの中にはRIから脱退するケースも生まれるだろうと思います。ある方は「真のロータリーを残すために、ノアの箱舟に乗って、そこから脱する場合も…」と言いました。私も同じ考えです。こんな堕落したロータリーになんて、籍を置く意味がないとも思いました。
 しかし、少し冷静になって考えますと、ある意味、ロータリーは既に、断崖絶壁に立っているのだと思います。会員の減少は目を覆うばかりで、特に先進的な国、地域で、ロータリーの会員が減少し、クラブが衰退して行くのが現状です。世界全体的には122万人以上を維持して居りますが、この中には入会してすぐ退会する人、または簡単に入会するため、会員数だけは増え続けるクラブも多いのです。
 ロータリーにとって、最大の危機を迎えるのはこれからです。危機とは会員の減少です。このままでは、会員数の減少により、維持できないクラブが続出する可能性があり、またロータリーの組織そのものが力を失い、RIは地球を俯瞰した奉仕事業を続けられなくなり、存在感なきロータリーになって行きます。ロータリーは追いつけられているのです。
 
 
 既に先達の遺産を食い潰した 


 そう考えれば、RIが会員、例会の持ち方に大幅な規制緩和を行い、組織全体を維持しようとする考えが、自然に行き着く当然の決定と言わざるを得ません。従って、ロータリーは断崖絶壁に立たされていると、私は思うのです。
 ロータリーは、時には大河に例えられます。最初は小さな流れ、水溜りだったものが、周辺からの小川や、湧き水が集まり、次第に明確な流れに変わり、やがて堂々たる大河に成長するように、ロータリーもまた、同じ状態を経て世界的な組織に成長したのです。しかし、成長の勢いが持続したのは、実は30年程と言えます。ロータリーが見る見るうちに米国内、世界に広がって行った勢いの強い時期は、実はロータリーの奉仕思想が、成熟に向け懸命な努力をしている時期でした。1923年のセントルイス大会での決議34号で、ロータリーは成人に達したというのが一般的です。しかしそれ以降は、特に第二次世界大戦以降は、ロータリーは成長を停止し、それでもロータリー哲学を心に一定の奉仕活動が出来たのは、過去の先達の遺産を食い潰してきたからです。
 そして100年という節目を経過した今日、ロータリーという大河は、本流から反れて他方に流れる川が本数を増しています。堂々たる大河の流れは、実に心許ない、勢いを失いかけた河になって来ています。曲がり角に来たロータリー、砂漠の砂に潜って、姿を消そうとしているロータリー。このままでは大河は消滅してしまうかも知れません。


大河は永遠に流れ続ける
そのための努力こそ大切


 ですが、それで良いのでしょうか。縁あって、ロータリーの奉仕哲学に触れる幸運を得た私達ロータリアンは、このロータリーという大河を守り、維持し、世界の平和に、思想の面からアプローチしなければなりません。それがロータリーというレガシーを受け継ぐ私達の責任でありましょう。河の流れが細くなっても、深ささえあれば、川は存続するでしょう。その深さとは何か。先達が追い求め、遂に到達したロータリーの奉仕思想です。RIがどういう手段を取ろうとも、私達はロータリーの教えをしっかり守り、次の人へバトンを渡さなければなりません。


2016-07-19 17:36:00

謝 辞 

  副会長 館岡 久幸君


 駒形ガバナー、首藤地区副幹事、坂井地区副幹事、遠路ご苦労様でした。ありがとうございました。

また、当クラブの親クラブであります紋別ロータリークラブから飯田ガバナー補佐が誕生したということで非常に嬉しく思っておりますし、一年間の活躍をご祈念すると共に一緒に頑張って参りたいと思いますのでどうそよろしくお願いします。

本日、ガバナーの「ロータリーのあしたのために積極的に活動しよう」という地区活動方針に呼応しまして、本日の卓話を参考にさせていただき当クラブとしましても田中会長の「レッツ・チャレンジ!」という会長方針の下、会員増強、出席率向上を柱に一年間活動して参りたいと思います。

また、地区大会で再会できることを楽しみにしております。

本日は誠にありがとうございました。


2016-07-19 17:27:00

CIMG8303.JPG

 

 

第二五〇〇地区

 ガバナー  駒形 曙美君


 皆さん、今日は思いがけないプレゼントもいただきましてありがとうございます。先ほど、会長からお話いただきましたように私は、七月六日から第三分区を中心に公式訪問をさせていただきました。小さなクラブに行けば行くほど胸が熱くなり、そんな瞬間があったりします。こちらのように、非常にガバナーがお二人も出ているような立派な洗練されたクラブもやはりそれなりに私を圧倒しています。小野パストガバナーには日頃大変お世話になっています。本当にありがとうございました。
それでは、今日は、私の地区活動方針を申し上げたいと思います。ご存知の通り、ミシガン湖から見たシカゴです。ポール・ハリスと三人の友人が集まったとされるシカゴであります。これは、シカゴの三人が集まったと言われていますユニティビルがあった跡地です。ここは歩道です。ビルはすでに解体されていますが、記念のプレートがはめられています。手前は車道になっていて車が沢山走っております。これは、イリノイ州エバーストン国際ロータリーの世界本部展示室のなかにある展示物です。左側に四人の名前がありますが、一番下のガスターバス・ローアの事務所の当時使っていた机などであります。木造ですから何となく私たちにとりましては懐かしい思いがいたします。


 これは、ポール・ハリスの写真を撮ってきただけのことです。一九〇五年創立者のポール・ハリスと三人の友人の集まりから始まりましたロータリーですが、二百を超える国と地域に広がりまして現在クラブ数は三万五千以上に達しました。世界を三十四のゾーン、そのなかに五百三十七の地区に区分して活動しているところであります。また、世界中のロータリークラブの結集したネットワークがすなわち国際ロータリーRIであります。超我の奉仕の理想を掲げるロータリーは、同じ価値観とビジョンを共有しながら一体となって地元地域をはじめ他の国の地域社会のために貢献しています。ロータリーが百二十万人以上の会員を要する組織となったのは、創立者をはじめ先達の人々の強化な創立精神と理念があったからこのような発展を遂げることができました。しかし、ロータリーの創立から百十年またさらにロータリー財団創立百周年を迎えた現在、ロータリーを取り巻く環境は、時代の変化など様々な要因がありまして大変厳しい状況が続いているのはご存知の通りであります。ロータリーは、これまでこれらの問題に対応するためにいろいろな取り組みを行ってきました。ロータリーが今後とも活気のある力強い組織として地元地域はもちろん世界中の地域社会に貢献するための指針となるのが、所謂ロータリー戦略計画であります。国際ロータリー会長のテーマを実現するためには、正にこのロータリー戦略計画を実践することが最も効果的な方法であると考えているところであります。


 私は、去る一月十七日から二十二までの一週間アメリカサンディエゴで開催されました国際協議会に参加し研修を受けて参りました。国際協議会といいますと、一九一九年シカゴで初めて開催されました協議会で「入りて学び、出てて奉仕せよ」というあの有名なメッセージが発表されたところであります。この時は、まだロータリークラブ国際連合会と言っている時代であります。
国際ロータリーのジャーム会長のテーマを受けまして、当地区今年度の地区活動方針を次のようにいたしました。地区活動方針「ロータリーのあしたのために、積極的に行動しよう」。ロータリーの創始者でありますポール・ハリスは、生前「ロータリアンは、言葉より行動に心惹かれます」と述べています。私たちロータリアン一人ひとりの積極的な行動はクラブの活力となります。その活力が、ロータリーの活力となり、それがやがて大きな原動力となって地元地域や世界中の地域社会のために貢献し、さらに世界平和の推進へと繋がっていくわけであります。まず、行動しようということであります。


 地区活動目標についてお話を申し上げます。まず、会員増強と維持活動の推進であります。女性会員、若年会員、退職間もない会員などの入会、特に退会防止活動は最も短で重要な問題であります。日頃から徹底した退会防止活動を行っていきたいと考えています。RI会長の方からは、会員五十名以下の小クラブは少なくとも一名の純増、会員五十名を超える大クラブは少なくとも二名の純増を達成してほしいと要請があります。会員維持率でありますが、前年比一パーセントアップまたは百パーセントを維持するということを要請されています。四十歳未満の新会員を小クラブでは二名大クラブでは四名の入会を要請されているところであります。


 ポリオプラス並びにロータリー財団への協力であります。ロータリー財団百周年を記念しましてポリオプラスとロータリー財団へさらなる協力をしていかなければならないと考えているところであります。特に、ポリオについては、パキスタンとアフガニスタンの二つの国が最後のポリオ常在国となっています。今年になりましてパキスタンでは十一名、アフガニスタンでは六名、合計十七名の発症が発表されています。ロータリー財団については、寄付及び補助金の活用を通じてより一層の協力をしていかなければならないと考えております。ポリオですが、今年が最後の年になる可能性もありますので、最後の年になるように協力をしていきたいと考えているところであります。財団の話ですが、RIの方からは、財団創立百周年を記念しまして特別寄付という形で協力要請がきております。さらに、寄付ゼロクラブの問題については、道外クラブのご理解とご協力を得ましてその解消に向けて努力をしていきたいと考えております。


 公共イメージ向上の推進であります。ロータリーと百周年を迎えた財団に対する認識と理解を深めるために地元地域で特別なロータリーデーのイベントを実施していきたいと考えております。このイベントは、お祭りやコンサートなど様々な形で企画することが良いと思われます。クラブや地区のプロジェクトを地元の人々に紹介することや地元において財団補助金のプロジェクトやポリオプラス、ロータリー平和センターを支援するための募金活動、地元メディア、ホームページなどを活用した広報活動を実施していきたいと考えております。


 それから、米山記念奨学会への協力であります。ご存知のように、日本独自の奨学金制度を通じて世界理解と平和を推進していくために寄付協力と留学生の支援活動積極的に行っていきたいと考えています。
青少年プロジェクトの推進であります。将来を担う青少年の育成を図るためインターアクト、ローターアクト、ライラ、青少年交換活動の支援を行っていきたいと考えております。先ほどのクラブ協議会でもお話がありましたが、ライラにつきましては、この九月北見の温根湯温泉を中心に開催されます。


 国際協力プロジェクトの推進であります。他国の地域社会の生活を改善し、国際理解と平和を推進するために現地のクラブや地区とのパートナーシップを構築し、グローバル補助金や地区補助金のプロジェクトを積極的に実施または参加していきたいと考えています。寄付するばかりではなく、補助金の活用を同時に行っていただきたいと思います。
各種会合への参加の奨励であります。アトランタ国際大会、北見の地区大会、IM、各種セミナーの参加は、研修とロータリアンの交流の機会となっています。これらの会合へ参加することは、ロータリアンの責務でもありますので、積極的に奨励していきたいと考えています。
国際ロータリー会長賞挑戦への奨励です。会長が期待しているものの一つであります会長賞への挑戦を積極的に奨励していきたいと思っております。
オンラインツールの利用の奨励であります。すでにRIとの事務処理は、オンラインツールの利用に変わっています。今後積極的にこの問題を奨励していきたいと考えています。


 最後は、地区事務所の常設の推進であります。これは、小野パストガバナーにも大変お世話になっていますが、昨年の東堂直前ガバナーと直前の地区幹事の高橋さんのご理解ご協力をいただきまして、昨年十一月にガバナーエレクト事務所を旭川のガバナー事務所のなかに併設いたしました。旭川の地区事務所と北見の地区幹事をはじめとするキャビネットの間で常設の地区事務所を想定した地区の活動を実践してきました。お陰様で皆さんのご理解とご協力をいただきまして一番忙しい期間を何の混乱もなく予定通り順調に活動することができました。これまで旭川に来て打ち合わせをしたのは数回程度でありまして、その一回の打ち合わせ時間というのは大体二時間から三時間程度で終わって帰っています。私たちはこの活動の実践を通して、今後ガバナー事務所を常設地区事務所に移行するという場合でも何の問題もないことが実証されたと考えています。したがって現在もガバナー事務所はそのまま旭川において活動しています。当地区として、常設地区事務所の設置を推進するという理由は次のようなことであります。ガバナーとガバナーエレクトが、普通別々の事務所を持って始まります。これを一本にしまして、私たちは東堂さんの事務所にガバナーエレクト事務所を開設させていただきました。普通ガバナーエレクト事務所を開設する場合は、ホームページの更新や机、椅子、テーブル、書棚、電話、パソコン、ファックス、コピー機、各種の事務用品を用意しなければいけませんし、ガバナー事務所も別に借りることになります。従いまして、これで七、八十万は、毎年無駄になっているという感じになっています。ガバナー事務所にエレクトとガバナーと一緒に同居しますと、事務局員のお給料を払うのはおよそ半分ずつの負担で済みます。事務局員は、今までの東堂さんの事務局員をそのままお借りして半分ずつ給料を払っています。事務所も一緒になっていますので、事務所費もこれも半分ずつ負担するということで二百万ぐらいは浮いてきます。その他に、地区事務所の事務局員が事務に精通していれば、若干小さなクラブからガバナーを輩出することができます。地区大会などは、大きなクラブにお願いして、地区事務局員の慣れた協力でエレクトの業務を行うということであります。ガバナーエレクト事務所を普通開設しますと、初めて事務局員を採用するわけですが、これは全くロータリーがわからない方を採用しますので、ロータリーの用語からロータリーが何であるかまで教えなければいけないということで時間がかかります。とても間に合わないのです。一年がすぐ経ちます。RI事務局と地区事務所の連絡や書類のやり取りがあります。それから地区事務所と皆さんのクラブとのやり取りもあります。そこで慣れない人たちが集まってやりますと、進め方がわからなくて混乱してしまいます。私の失敗談から言いますと、冷静に考えますと五人目でやっと事務局員が定着しました。それも実は小野パストガバナーがやっておられたときの柾木さんがこちらで一年やっていましたので、柾木さんに来てもらってやっと収まりました。混乱していた業務が上手く流れた経緯があります。キャビネットの人たちもロータリーのことはわかりますが、地区事務所のことは全くわからいわけです。いろんな準備の仕方がわからず、混乱が起きます。混乱が起きて喧嘩になったり、場合によってはロータリーを退会してしまうことが起きたりします。実は、毎年このようなことが起きています。そういうことで、この地区事務所をきっちり持った方がいいということであります。もう一つ、地区事務所は毎年開設閉鎖するものですから資料がひとつも残っていません。こんなことは異常であります。ですので、地区事務所を常設して資料を保管するということも大事ですし、旅費などの規定もつくって統一したほうが私はいいと思っております。全国には、三十四の地区があります。其の内七十パーセントはもう地区事務所に変わっています。私は、地区内のロータリアンのためにも早急に実施しなければいけないと思っていますので、どうぞご支援をいただきたいと思います。私の方からは以上ですが、規定審議会の件については、先ほどクラブ協議会でお話し申し上げましたので、そちらのほうからお話しを聞いていただきたいと思います。どうも今日はありがとうございました。

 


2016-07-19 17:19:00

 

歓迎の挨拶

      会長 田中 康朗君


 本日は、二〇一六年一七年度国際ロータリー第二五〇〇地区ガバナー駒形曙美様、同じく第四分区ガバナー補佐飯田弘明様、地区幹事主藤雅裕様、坂井浩様、当クラブにご訪問いただきまして心から歓迎を申し上げます。先ほど、別室におきまして、会長幹事懇談会並びにクラブ協議会を無事終えまして、ガバナーにおかれましては、貴重なお話をいただき、今後のクラブ運営に対しまして役に立てていきたいと思っております。誠にありがとうございました。また、本日はガバナー公式訪問ということで、百パーセント例会を目指し、三役そして出席委員長をはじめとする理事会メンバーなどが動いていただきまして多くの会員にご出席をしていただきましたことに深く感謝申し上げます。元々当クラブの出席率というのは、入会前から非常に私としても関心を持ったことであります。メークアップ並びに記帳など非常に出席率を上げるということは今も昔も大変なことであります。しかしながら、会員一人ひとりの本気の行動というものこそが、ロータリーの奉仕の礎となっていると信じております。私も縁があって港ロータリークラブに入会させていただき、今の会長という職があるわけですが、今後とも初心を忘れずに活動していきたいと思っておりますので、皆様におかれましても引き続きよろしくお願いを申し上げます。本日の公式訪問例会でガバナーのお話をお聞きし、今後も会員の皆様のロータリー活動にお役立ていただければ幸いでございます。最後になりますが、駒形ガバナーにおかれましては、六日の下川ロータリーから始まり九月三十日北見東ロータリークラブまで長丁場に渡り公式訪問をこなされるわけですが、健康にご留意されガバナーの思いを二五〇〇地区のメンバーに伝えていただければと思います。今後も益々のご活躍をご祈念申し上げ、歓迎のご挨拶とさせていただきます。本当にありがとうございました。
 本日、七十八歳のお誕生日を迎えられました駒形ガバナーに、先ほどお誕生日のバースディソングでスルーしてしまいましたが、お祝いの花束をお渡ししたいと思います。前段でもお誕生日の話は一切なかったのですが、私どもとしては何と光栄なことであろう七月十九日がガバナーのお誕生日ということでしてささやかながらお祝いをさせていただければと思います。おめでとうございます。

 

 CIMG8306.JPG


1 2 3